So-net無料ブログ作成

神奈川の秘境駅に行ってきました(鶴見線) [鉄道]

神奈川の秘境駅に行ってきました。

鶴見線は、鶴見駅から東京湾の埋立地方面に行く路線で、
扇町、大川、海芝浦の3つの終点があります。

よくネットとかで海のそばにある駅として有名なのは海芝浦ですが、行きづらいのは大川です(休日はなんと3本だけ)。

平日は本数がありますが、趣味鉄が休日に行くには非常に行きづらい路線と言えます。
(といっても最悪、駅間を徒歩でという手段はある)

今回は往路・復路の路線を活かして全駅(通過も含めて)回ってきました。

先ずは、一番本数の少ない大川駅。
IMG_20170930_080840HD.jpg
8時台の電車に乗れないと次は18時という。。。

大変味のある駅舎です。
turumi-1.jpg
同好の士が数人いました。


次は、有名な隣がすぐ海という海芝浦駅。
IMG_20170930_085629HD.jpg

本当に手すりの下はすぐ海だという。
IMG_20170930_091031HD.jpg
プラットホームから釣りができそうだ(禁止されています)。
晴れた日に来てみたい。

改札っぽいものがありますが、東芝の構内なので当然入れません。
IMG_20170930_090007HD.jpg
なので駅の脇に公園がありますので、そこでしばし海を眺める。
(9時から開門です。注意!自販機とトイレあるよ)

海芝浦駅から戻って、今度は本線の終点、扇町駅へ。
turumi-2.jpg
10時台。そろそろ本数が少なくなってきます。

鶴見線のどんずまり。扇町駅。
turumi-4.jpg
駅舎はわりと立派。

ディーゼル機関車が停車していました。
turumi-3.jpg
このタイプは好き。オレンジカラーが良いです。

一通り回ったので、帰りは浜川崎から南武線の支線で帰宅しました。

今回の行程。
鶴見(大川行き)→大川
大川(鶴見行き)→浅野
浅野(海芝浦行き)→海芝浦
海芝浦(鶴見行き)→浅野
浅野(扇町行き)→扇町
扇町(鶴見行き)→浜川崎(帰宅)

休日、7時00分あたりに鶴見駅を出発できて、大川行きをはずさなければ無理なく全駅めぐることができると思います。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

天覚山〜子ノ権現〜竹寺 [山行部通信]

今年の夏はあっけなく過ぎた感があります。

今年の秋冬の山行シーズンの初回は奥武蔵、天覚山〜大高山〜子ノ権現〜竹寺までを歩いてきました。

出発は西武秩父線の東吾野駅から。
20170924-1.jpg
日曜日の7時。だれもいない。。。


約1時間の登りで天覚山。
20170924-3.jpg
この方面は前回、日和田山〜天覚山まで踏破しましたので、今回はその続き。


大高山。標高はそれなりにあるのですが、眺望いまいちでした。
20170924-4.jpg
ほぼ植林帯が続く。
三角点もない。。。


再び植林帯を歩いて、子ノ権現に到着。山上にあります。
20170924-5.jpg
立派な山門。


ここでお昼ごはん。
20170924-6.jpg
ポタージュスープと塩にぎり。もう少し塩味があればよかった。


竹寺。朱が映えてインパクトがあります。
20170924-7.jpg
屋根も苔むしている。


ゴールは小殿バス停。
20170924-8.jpg
懐かしい感じの標識。


今回歩いたルート。

初めから終わりまでほぼ植林帯の中の行程だったので、ちょっと単調な山行でした。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

Jagdpanzer 38(t) Hetzer [AFV]

タミヤの1/48シリーズのヘッツアーを製作しました。

hetzer-2.jpg
チェコ製戦車の車体を使ったドイツの駆逐戦車です。

今回の目玉は木漏れ日迷彩です。
hetzer-3.jpg
初挑戦でうまく行った!

ベース>ダークイエロー>緑>茶の順でエアブラシと思いましたが、迷彩のマスキングがうまく行かなかったので緑と茶は筆塗りになりました。
hetzer-4.jpg
点々も、気持ち三角や四角になるように筆塗り。

車体上面のウェザリングは、帆色をうすーくフィルタリングしました。
hetzer-5.jpg
下面は黒+茶でフィルタリング。排気マフラーは溶きパテをムラができるように塗ったあと、艦底色>サビ色のオレンジをそれらしく。

製作中のベース色は艦底色。
hetzer-1.jpg
もともと艦船系なので。

木漏れ日迷彩の元の色。
hetzer-6.jpg
結構手間がかかりました。

改造ポイントは2つ
・後部上面両サイドの取っ手を真鍮線に置き換え
・前部左サイドのライトにつながる配線を伸ばしランナーで再現

ベースはダイソーのケースに、1mm厚のコルクボードを貼り付け。

1/48シリーズだと、大きすぎず、小さすぎず、で手のかかる塗装も割と気軽にできるかも。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

川内型軽巡洋艦 川内1943 [1/700 竣工済み艦船]

4本煙突の川内型5500トン級軽巡洋艦の川内です。

電探装備の1943年としました。
アオシマのキットを使用して、基本的にディテールアップのみです。

4本煙突がクラシカルな雰囲気を出しています。
IMG_20170806_224955HD.jpg
開戦して2年あまり、船体の汚れ表現を大きくしてみました。

船体後部、セルター甲板の組み付けと塗装は順序を決めないといけません。
IMG_20170806_224632HD.jpg
カタパルトはエッチングパーツに置き換えてます。
後部マスト上の探照灯プラットフォームは伸ばしランナーで組んでいます。

ボート類はピットロードNEOから。
IMG_20170806_224530HD.jpg
内火艇の1隻は、試験的にキャンバス表現してみました。
25mm機銃はナノドレッドから。
ボートダビッドは中間の大きいものはピットロードのNEOから、前後の小さいものはキットのものを細く削いで作りました。

同型艦は前部魚雷発射管を無くして後部に4連装の発射管を設置しましたが、本艦だけは改装が間に合わなかったようです。
IMG_20170806_224606HD.jpg
魚雷発射管はピットロードのNEOから。

船体前部、艦橋は小型化されました。
IMG_20170806_224705HD.jpg
4連装機銃はナノドレッドから。船体は帯マスク+サーフェーサ吹きで外板表現をしています。
これにフィルタリングすると良い感じで継ぎ目が浮き上がってきます。

アマゾンにリンクがあったので貼り付けておきます。


青島文化教材社 1/700 ウォーターラインシリーズ 日本海軍 軽巡洋艦 川内 1943 プラモデル 350

青島文化教材社 1/700 ウォーターラインシリーズ 日本海軍 軽巡洋艦 川内 1943 プラモデル 350

  • 出版社/メーカー: 青島文化教材社
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長門1927(1) [1/700長門1927]

只今、戦艦建造中。

nagato_1927_001.jpg

戦艦好きとして王道、長門型戦艦!

それも大正時代バージョン。

資料さがしてますが、この時代の写真があまりない。。。
ので細かいところは想像するしか。

今回は純正のディテールアップパーツを使いました。



nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感