So-net無料ブログ作成

Ruby on Rails 2.0でチュートリアル その1 [PCメモ]


★★★追記★★★
この記事は その3あたりでどうにも進まなくなり投げ出しましたT_T
正しくは下記参考URL先の
Ruby on Rails チュートリアル 「Webアプリケーション開発方法」樣をご覧下さい。
★★★追記★★★

Ruby/Rails、sqlite3の準備ができたのでWeb上のチュートリアルにならってやってみてます(途中まで)。 これまでのRailsとかRubyの文法とか全く事前知識無しでとりあえずトライ。

参考は、
Ruby on Rails チュートリアル 「Webアプリケーション開発方法」
ただし、Railsのベースが異なるようなので今回準備した2.0との差異をピックアップ。

続きを読む


sqlite3の基本操作まとめ [PCメモ]

Ruby on Railsが2.0になってdefaultのDBがsqlite3になりました。 その関係でsqlite3を調査したまとめ。

0.概要
MySQLと違って常駐プロセスは無い。ユーザはsqlite3コマンドでファイルのデータベースを操作する。1ファイルが1データベース。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

Ruby on Railsのインストール [PCメモ]

Ruby on Railsのインストール

OS: VMPlayer上のCentOS4.x
ruby: 1.8.6
gem: 1.0.1
rails: 2.0.2

以下は全てrootで実行。

0.入っているか確認するパッケージ
zlib
zlib-devel
openssl
openssl-devel
sqlite3
sqlite3-devel

1.Rubyのインストール

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゲストOSに仮想NICを設定する [PCメモ]

VMwareのゲストOSに仮想NICを設定する

ホストOS:WindowsXP
ゲストOS:CentOS4.x
VMware:vmplayer

下では2つ(eth0, eth1)設定している例(当然1つだけでも問題なし)。

1./etc/modprobe.confの編集(部分)
-----------------------------
#alias eth0 vmnics ←コメント
# Added by VMware Tools
#install pcnet32 /sbin/modprobe -q --ignore-install vmxnet;/sbin/modprobe -q --ignore-install pcnet32 $CMDLINE_OPTS;/bin/true ←コメント
alias eth0 vmxnet ←追加
alias eth1 vmxnet ←追加
-----------------------------

2.vmxファイルの編集

Ethernet[n].virtualDev = "vmxnet"

[n]は0,1,2...

3.VMPlayerを再起動
 2を反映させるため。VMPlayerを一旦終了して、立ち上げる。ゲストOSの再起動ではダメ。

4.lspciで確認
 ゲストOSが起動したらrootでlspciコマンド。下様に表示されればOK。

00:10.0 Ethernet controller: VMware Inc Abstract Ethernet Controller (rev 10)
00:11.0 Ethernet controller: VMware Inc Abstract Ethernet Controller (rev 10)

★Pcnet32から変わっていること

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

LinuxからWindows共有フォルダをアクセスする [PCメモ]

LinuxからWindowsの共有フォルダにアクセスする

Linux:Ubuntu6
Windows:XP Pro

1.マウント方式
1)smbfsの導入
#sudo apt-get install smbfs
2)マウントコマンド
#mount -t smbfs -o username=user,password=パスワード,rw,iocharset=euc-jp,codepage=cp932,fmask=664,dmask=777,uid=user,gid=user マウント先 マウントポイント

例:mypcのtempフォルダを/mntにマウントする
#mount -t smbfs -o username=user,passwd=passwd,rw,iocharset=euc-jp,codepage=cp932,fmask=664,dmask=777 ,uid=user,gid=user //mypc/temp/ /mnt

3)または/etc/fstabに記載で自動マウント

例:mypcのmountフォルダを/mntにマウントする記載
//mypc/mount /mnt smbfs auto,rw,username=user,password=passwd,codepage=cp932,iocharset=utf8,uid=user,gid=user 0 0

2.FTPのようにget/putする
1)smb-clientの利用
#smb-client アクセス先

例:mypcのtempフォルダにアクセスする
#smb-client //mypc/temp/
Password:hogepasswd ←パスワードを尋ねられる


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感