So-net無料ブログ作成
検索選択
1/700 竣工済み艦船 ブログトップ

陽炎型駆逐艦 初風1940 [1/700 竣工済み艦船]

陽炎型の初風です。

小艦艇も良いなと思い作ってみました。

艦名表記あり、舷外電路なしで開戦ちょっと前の1940年頃にしました。

hatsukaze_1.jpg
キットはピットロード製の天津風(だったはず)。

hatsukaze_4.jpg
魚雷発射管、ボート類はピットロードの新パーツ。

hatsukaze_2.jpg
のばしランナーで空中線にもトライしてみました。

hatsukaze_3.jpg
個艦の違いはよくわからない。。。

主に参考にしたのはネットのみなさまの作品と、下の2冊です。


軍艦メカ 日本の駆逐艦

軍艦メカ 日本の駆逐艦

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 潮書房光人社
  • 発売日: 2012/08
  • メディア: 大型本


艦の部位ごとに各型のイラストや図面が参考になります。1940年時の野分の艦尾とか。


日本海軍小艦艇ビジュアルガイド 駆逐艦編―模型で再現第二次大戦の日本艦艇

日本海軍小艦艇ビジュアルガイド 駆逐艦編―模型で再現第二次大戦の日本艦艇

  • 作者: 岩重 多四郎
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2012/06
  • メディア: 大型本


こっちは個艦の違いをリサーチ。作例もありますが作りはあっさり。
だが! メーカー毎の修正ポイントがありがたい。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

1/700 加賀 1941 [1/700 竣工済み艦船]

衝動買いしてしまった加賀が竣工しました。
もう、こう何か心にたまったものをぶつけて、2万6千トンの巨艦にもかかわらず超短期に竣工できました。
今年のトン数を稼ぐのはこの艦でしょう。

DSCF2574.JPG
キットはフジミのニューキット+純正EP(木甲板)です。機銃と探照灯はナノドレッド、高角砲はピットロードの艦船装備セットを使いました。

資料的なものは、いつものとおりネットで世の熟練者様の作品を参考にさせてもらっています。

続きを読む


nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

1/700 HMS バーラム 1941 [1/700 竣工済み艦船]

英海軍、クイーンエリザベス級のバーラムです。当工廠初の超弩級艦でした(2番目は扶桑ね)。
ピットロードのレジン製キットです。

同級の艦がWWII前の改装工事により艦容を一変させたのに対して、本艦はほぼWWI時の姿で参戦しました。主に地中海での船団護衛に従事しましたが、1941年Uボートの雷撃で沈没しました。
同型艦には有名な老兵ウォースパイトがあります。

今回は日中に撮影しました!でもフラッシュたいてしまってます。。。
2009-06-07-001

伝統のスタンウォークは健在です。
2009-06-07-002

主砲は38センチ砲8門です。本級の時代になると、背負い式主砲配置もスタンダードになっています。わりとバルジが目立ちますね。
2009-06-07-003

竣工時、煙突は2本だったものを長円形の幅広に1本に改装しています。また今回、機銃は全てEP製にしていますがチョット課題の残るデキに。EPだけだとやはりペラペラ感があるので+αのディテール追加が必要そうです。
2009-06-07-004

エアブラシ塗装しましたが、汚し塗装がイマイチ。半完成品のような感じになってしまいました。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

1/700 RN ダンテ・アリギエーリ 1915 [1/700 竣工済み艦船]

イタリア海軍、最初の弩級艦ダンテ・アリギエーリです。艦名は神曲のあの人からきてます。
我が工廠の第2番艦で2004年頃に竣工しました。 キットはデルフィスモデルのレジン製です。

同型艦は無く、どちらかというと実験艦的な感じがします。世界で初めて三連装の主砲を搭載しました。第一次大戦では特に活躍する(被害を受ける)こともなく終わり、1928年に除籍されました。

三連装といっても、揚弾は2個ずつでしょうから3門同時に発砲するためには2回揚弾しなければなりません。てことは発砲間隔は二連装の倍。そんなことするなら2門ずつ発砲するよねえ。結局世界初の三連装がやりたかったのかな。

本級の主砲は全て船体の中心線上に配置されています。側面砲力は12門ですが前後は3門しか向けられません。これが問題になったのか本級以降では背負い式が採用されています。
2009-05-16-001

写真がひどいですね[もうやだ~(悲しい顔)]。アルミのベースにフラッシュが反射してしまったようです。さて、艦容はざっくりと言えば大砲と煙突しか載ってません。
2009-05-16-002

円錐をひっくり返したような司令塔の上にプレハブのような艦橋が載っています。主砲の爆風で吹き飛んだりしないんですかね。作りがすごくユルイ感じがします。
2009-05-16-003

中心部です。主砲間の甲板にある黒いタタミは多分吸気口です。こんなところに砲弾が飛び込んだら。。。
2009-05-16-004

さて、この艦で一番苦労したのはアルミ製ベースの切り出しでした。高いマストの艦をクリアケースに収容する為に、木製ベースより薄く、かつ充分な強度を持ったベースとして使ってみましたが、大変労力を使いました。この難事以降、我が工廠では木製ベースが標準となりました。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

1/700 マルクグラーフ1918 [1/700 竣工済み艦船]

第一次大戦時、帝政ドイツのケーニヒ級戦艦マルクグラーフです。
我が工廠の第1番艦で2003年頃に竣工しました。

ケーニヒ級戦艦は4隻が建造されて、ジュトランド沖海戦にも参加しました。第一次大戦終結時には全艦健在でしたが、スカパフロー抑留中に1919年に自沈してしまいました。ナムー。

本級の主砲配置はそれまでの中央梯形配置から前後共に背負い式になり、片舷10門指向できるようになりました。
2009-04-27-001

まだ航空兵装は存在していない時代でした。
2009-04-27-002

艦橋はいたってシンプル。司令塔の前に屋根付きデッキがあるだけです。
2009-04-27-003

中央の砲をブッ放したら搭載艇なんかバラバラですな。
2009-04-27-004

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
1/700 竣工済み艦船 ブログトップ