So-net無料ブログ作成
検索選択

Flint, the King (PRELUDES Vol.5) [洋書]

プレリュードシリーズの第5巻です。ドラゴンランス戦記の主人公達の若かりしころの冒険譚で、この巻はフリント・ファイアフォージのお話です。仲間がそれぞれの探求の旅に出るのを見送った彼ですが、彼もまた旅に出ることにしました。彼の生まれ故郷の村へ。


FLINT, KING (Dragonlance Preludes II Trilogy, Vol 2)

FLINT, KING (Dragonlance Preludes II Trilogy, Vol 2)

  • 作者: Inc. TSR
  • 出版社/メーカー: Wizards of the Coast
  • 発売日: 1990/07/21
  • メディア: マスマーケット



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Riverwind, the Plainsman (PRELUDES Vol.4) [洋書]

プレリュードシリーズの第4巻です。ドラゴンランス戦記の主人公達の若かりしころの冒険譚で、この巻はリヴァーウィンドとゴールドムーンのお話です。彼らはドラゴンランス戦記の冒頭、物語の火付け役となって登場しますが、その時に青水晶の杖を所持しています。この巻では真の神の存在を知らしめるもの:青水晶の杖をリヴァーウィンドが探索するお話です。彼は部族長の娘であり女神官であるゴールドムーンを得るために真の神の存在を証明する探索行に向かうことになります。しかしこの探索行は彼と娘の結婚を望まない族長ほか年長者たちが彼を追放するために、あえて達成不可能な(と思われた)探索行を彼に課したものでした。


RIVERWIND,PLAINSMAN (Dragonlance Saga Novel: Preludes)

RIVERWIND,PLAINSMAN (Dragonlance Saga Novel: Preludes)

  • 作者: Inc. TSR
  • 出版社/メーカー: Wizards of the Coast
  • 発売日: 1990/03/31
  • メディア: マスマーケット



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Brothers Majere (PRELUDES Vol.3) [洋書]

プレリュードシリーズの第3巻です。ドラゴンランス戦記の主人公達の若かりしころの冒険譚で、この巻はマジェーレ兄弟:キャラモンとレイストリンのお話です。冒険者仲間が5年間という期限でそれぞれ探索の旅に出る中、兄弟は弟レイストリンの上位魔術師となる試験に臨むためウェイレスの森にある上位魔法の塔に向かいました。結果として試験には通過したもののレイストリンは体力的に非常なハンディを負ってしまいます。このお話は試験通過後の兄弟が、とある町で起きた猫がだんだん居なくなるという不可解な事件に巻き込まれるお話です。


BROTHERS MAJERE (Dragonlance Saga Novel: Preludes)

BROTHERS MAJERE (Dragonlance Saga Novel: Preludes)

  • 作者: Kevin Stein
  • 出版社/メーカー: Wizards of the Coast
  • 発売日: 1990/01/14
  • メディア: マスマーケット





nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

Kendermore (PRELUDES Vol.2) [洋書]

プレリュードシリーズの第2巻です。ドラゴンランス戦記の主人公達の若かりしころの冒険譚で、この巻はタッスルのお話。冒険者仲間が5年間という期限でそれぞれ探索の旅に出る中、宿屋で寛いでいたタッスルに旅商人が訪ねてきます。タッスルの法律違反により敬愛する伯父が替わりに牢獄に収監されているとのこと。罪状は婚約者との結婚履行違反!タッスルは伯父を助けるためにケンダー郷に向かいます。


KENDERMORE (Dragonlance Saga Novel: Preludes)

KENDERMORE (Dragonlance Saga Novel: Preludes)

  • 作者: Mary Kirchoff
  • 出版社/メーカー: Wizards of the Coast
  • 発売日: 1989/09/17
  • メディア: マスマーケット



nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

Darkness & Light (PRELUDES Vol.1) [洋書]

プレリュードシリーズです。ドラゴンランス戦記の主人公達の若かりしころの冒険譚で第1巻はスタームとキティアラのお話。スタームは戦記で善の側の騎士となり、キティアラは悪の側のドラゴン卿として生死の対決をすることになります。タイトルはそんな彼ら行く末を暗示しています。


DARKNESS & LIGHT (Dragonlance Preludes, Vol 1)

DARKNESS & LIGHT (Dragonlance Preludes, Vol 1)

  • 作者: Carter Thompson
  • 出版社/メーカー: Wizards of the Coast
  • 発売日: 1989/05/20
  • メディア: マスマーケット


戦雲がクリンを包む5年前、スタームとキティアラはノームのグループが操縦する飛行船に乗りこむことになり、結果、中立なる赤い月ルニタリに不時着した。ルニタリは不可思議と危険に満ちた荒涼とした場所であった。狂える王が支配する木の人々、生ける水晶蟻、オベリスクに住まう真鍮のドラゴン。名誉にこだわるソラムニア騎士と比類無い女戦士は共に乗り越えなければならない、魔法、暴力、そして愛さえも。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感