So-net無料ブログ作成

長門1927(2)完成 [1/700長門1927]

今年もあと少しですね。

戦艦長門1927が竣工しました。

ウェザーリングはふつう目に。
・艦体は、黒・茶・白で適宜フィルターリング
・特に、錨などの突起物周辺はサビ表現を。
・甲板より上の構造物は黒のスミ入れとフィルターリングのみ。
・全体につや消しクリアーで色調をととのえ

日本の戦艦は真正面が良いですね。
25011799_579560849057734_7027194076877291520_n(1).jpg
威風堂々!チョウカッコイイ!


この時期で特徴的な歪曲した煙突。
25024429_527688827630162_8011856097314865152_n.jpg
艦橋への煤煙対策の結果、このような形に。
煙突まわりや煙はマジで熱いらしい。


キャンバスはコピー用紙を使用。木工用ボンドで貼り付け。
25006670_1547727331976884_6422644401666785280_n.jpg
航海艦橋の山型キャンバスは結構現物合わせに。


後楼マストも長大なものになっています。
24845380_133224974132569_5320409339423358976_n.jpg
見せ場のひとつだからリギングもがんばった。


細部は専用のエッチングパーツを使用しました。
25014983_385248118565937_3845782324645986304_n.jpg
煙突のステーはかなり面倒だった。


この時期は搭載機の運用も試行錯誤の時代でした。
カタパルトも装備されておらず、仮設のデリックで揚げ下ろし。
25024911_141331383137398_7989502673734860800_n.jpg
とりあえず、空いている場所に置いとけ的な。


副錨がまだついている時代でした。
25015384_1508651802537092_2916868425659711488_n.jpg
通気塔の配備などは世界の皆様の作例と後の時代の状態を参考に。


ボートは裏返しにおいてあったようです。
25008285_318480618669652_8763773393305600_n.jpg

V字のダビッドの片舷は、ボートをおろした状態としました。
25010789_158938641539615_3300500792938594304_n.jpg

6本支柱の艦橋。けっこうスカスカです。
25013895_659934264397037_852618855854374912_n.jpg
まさにパゴタ型艦橋。

ベースキット:
アオシマ1/700 長門1927+専用エッチングパーツ
・パーツ数は多くもなく、少なくもない。今のキットなので合いよい。
・ただし日本戦艦の特徴である艦橋の組み上げは調整に気を使う。
・搭載砲、搭載機、ボート類も使える。ただし一番大きな搭載艇はピットロードの艦船装備セットから調達。

次は重巡を考えています。

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 2

VAN

こんばんは。
完成おめでとうございます。張り線の密度がすごいです!
by VAN (2017-12-25 21:08) 

terry

こんばんは。
ひさしぶりの戦艦でしたが時代が古いので気分も変わった感じで作成できました。昔は6本支柱の艦橋がかっこ悪くみえたのですが、今見るとなかなかいいもんです。
by terry (2018-01-02 17:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。