So-net無料ブログ作成
検索選択

FN パリ1914 最終回 [1/700パリ]

ベースとかも完了して今回が最終回です。2月起工の7月竣工で6ヶ月かかりました。

フランス初、そして唯一の弩級であるクールベ級戦艦パリです。 パリは1914年竣工し、二度の大戦を大過なく生き延びました。

特長はコンパクトな船体に搭載した6基の主砲塔です。戦術的要求から首船尾方向の攻撃力を維持するために前後方向8門の主砲を指向することができます。まあ両舷砲は艦橋とかに近すぎますから撃ったらどうなっちゃうかは別として。
2009-07-20-001

この艦の問題点は艦首の浮力不足でしたので、後に艦首の装甲をはがして軽くしました。 ちなみにフランス戦艦は英艦よりも独艦よりも重装甲だったのです。
2009-07-20-002

甲板も塗装されていました。写真からみた限りでは木甲板じゃなかったようです。夏は暑かったでしょうね。
2009-07-20-003

移動式探照灯も特徴の一つです。 艦橋構造は超簡単で、司令塔の上に測距儀が載っているだけです。
2009-07-20-004

細くて丸くて数の多い煙突がクラシックな感じを出してます。

さて、とりあえず列強を一巡しましたので、次回はドイツ巡洋戦艦!

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 2

Hyatt

完成おめでとうございます。
それにしてもこの頃の戦艦は、おっしゃるとおりクラッシックないい雰囲気を持ってますねー。
甲板も木甲板ではないと・・・夏は足元に卵を落としたら目玉焼きができそうですね。
by Hyatt (2009-07-22 23:16) 

terry

どもっ。コメントをいただいたのがはげみになり、廃艦とならずに竣工まで辿り着けました。まあこのころの艦はちょうど日露とWWIIの間で大艦巨砲に走り始めた試行錯誤の時代だったと思います。伝統だからって砲塔なんか黒に塗ってたら、夏場はまるでフライパンですよ!
by terry (2009-07-24 02:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。